30代の肌に最も適した基礎化粧品を選ぶ|歴然の差を体感

微笑む女性

美透肌を作り出す

鏡を見る女の人

隠したいパーツ

30代女性のライフプランの変化は目まぐるしく、結婚適齢期であったり、仕事で大切なポジションを任されるなど、多忙な時期を重ねる年代と言われており、スキンケアを怠りやすく、肌トラブルを招きやすいのも30代ならではの難点として問題視されています。化粧品には、素肌力を高める基礎化粧品がどの年代にもおすすめされていますが、美透肌と呼ばれる透き通る肌づくりが30代女性におすすめされています。しかしながら、隠しきれない肌トラブルも表れてしまっているため、化粧品にもカバー力は必要です。シミやクマには、肌と一体感がありながらカバーできるコンシーラーが最適で、目のまわりのくすみには微細なホワイトパールの光効果で自然にくすみをカバーさせるコンシーラーにより、明るく均等な肌色を持続させることができます。

ベースメークに着目

美透肌が30代女性の憧れとされ、美白化粧品がおすすめされていますが、美透肌の印象を左右するのがベースメークであり、特におすすめされているのがCCクリームです。素肌とベースメークをした後の見え方を検証したデータによると、頬が立体的でフェイスラインも引き締まり、顔全体がスッキリした印象に見える魅力が挙げられており、目や口などのパーツが引き立つため、瞳も輝きが増すなどの目鼻立ちが良く見える結果が報告されています。多くの30代女性は疲れが溜まりがちで、疲れた印象の顔ぐまをカバーできる化粧品が提案されはじめています。例えば、色ムラをリセットし、女性の憧れ肌色と言われる透明桃色肌に導いてくれるCCクリームは、多忙な朝のベースとなるカラーコントロールを瞬時に行うことができる仕様です。